スタッフブログ

NHKの解約手続き・・(回りくどい!)

ViVi不動産 富永です。

前置きなしでスタートです!

 

先日、不動産のご売却依頼を受け広告の準備をしていたところ、

売主様より「NHKを解約しようとしたら、解約できないと言われた!」といった相談がありました。

(NHKとだけ調べて問い合せをしようと確認すると、「NHKふれあいセンター」に誘導されるページ作りになっています。

おそらく、全国受付窓口かと思われますが、杓子定規な回答をされる可能性が高いと思われます。)

 

しかし、既にもうその不動産からは退去済み。これから売りに出すところ。

そんな状態でNHK料金を継続して支払っていくのはおかしいと、私から直接NHKに聞いてみました。

 

私が問い合せた先は、「NHK 富山放送局」※問い合わせ窓口が全国版と各都道府県で分かれています。

回答は以下の通りでした。

①既にその場所にお住まいで無く

②転居先にてNHKの契約がある(もしくは新規契約)

上記に当てはまる場合に解約は認められるとのこと。

 

・・・いやいや、①だけでよくありません??

もし転居先でテレビを置いていなくても、契約を強いられる。。(スマホやカーナビでも見られるでしょ??という理屈)

結局、回りくどく「解約できない」と抱え込む体質なんですね・・。

 

それは「NHKから国民を守る党」もできますって。

 

結果的には、その売主様はご実家へ戻られており、

ご実家ではNHKのご契約をされていたため、無事解約手続きは完了。

 

実は同タイミングで、セカンドハウスご売却の依頼をくださった売主様からも、

「現地のテレビが撤去されていないと解約不可」と言われたという相談もありました。

※NHK富山放送局からの回答は上記と同じで、①②の条件付きでした。

※売主様は本宅においてNHKの契約をされているため、問題なく解約できると思いますが・・・無事解約できたのか、改めて確認のご連絡をさせて頂きたく存じます。

 

NHKをめぐる論争は根深いものがあり、簡単な問題ではない事もわかりますが、

今回はちゃんと”売却”という理由もあるので簡単に解約させて欲しいと思ったのでした。

 

ちなみに私、NHKは子どもと教育番組(Eテレ)を一緒によく観るので受信料は年払いです!

 

2020年8月30日 ViVi不動産株式会社 富永 奈央