会社案内スタッフ紹介

営業 水澤 彩花 Ayaka Mizusawa

現在、ViVi不動産株式会社で営業や事務の仕事について勉強中。

令和3年6月21日よりViVi不動産株式会社でお世話になっております、水澤彩花と申します。

高校時代の夢は、先生でした。

高校を卒業して四年が経ちますが、私の携帯のSMSには「○○高校の○○です。折り返しお電話ください」という当時の担任だった先生からのメッセージが今でも履歴の一番下に残っています。これは、高校三年生、相変わらず進路が定まらない私を心配してくださった先生からの電話でした。この時、母と意見が合わなくてなかなか気持ちが定まらない、と先生に相談すると私に代わって母と向き合ってくださいました。
 連絡をくださった先生は勉強、行事、夢など生徒が好きだということは全力で応援してくださる方で、私に限らずたくさんの生徒が背中を押されて新たな進路へと飛び立っていったのではないかと思います。
私は「進路という人生の分岐点で生徒に寄り添い、良い方向に導こうとする教師」の後ろ姿に憧れを感じ大学へ進学しました。そして大学の4年間多くの経験を積み、教員免許を取得しました。
・教育から離れた理由とは。
教育実習では、生徒はもちろんご指導いただいた先生方や、ともに教育実習に挑んだ実習生の方など3週間という限られた期間でしたが、たくさんの方々に出会いました。子供たちの成長に関われることができ、子供たちの成長を通して自身もたくさんの方に出会い、様々な経験ができるこの教師という仕事はとても魅力的な仕事だと今でも思います。またコロナ渦という大変な状況下で実習を受け入れてくださった母校にとても感謝しています。
しかし、結婚式場や飲食店での接客業、ラーニングアシスタント の活動や障害児童福祉施設でのボランティアなど様々な活動を通し、この四年間を踏まえたうえで「私が関わる一人一人にもっと時間を割く事が出来、目に見える形でその人のためになる仕事に就きたい」という思いを強く持つようになりました。

なぜ、不動産なのか。

一人一人ともっと向き合える仕事に出会いたい。しかし、右も左もわからない業界に進むということに私は大学の4年間を白紙に戻すような感覚におそわれ、本当にこれでいいのかと心の中で葛藤しました。
そのような状況で始まった就職活動。どんな仕事が私の思いに合っているのかと業界研究をするなか、やはり自分の心には「お客様の人生の分岐点に、お客様に寄り添って良い方を選択して頂けるようなお手伝いが出来る仕事がしたい」という強い気持ちがありました。
各大学によって活動内容に差がありますが、基本的には学内の大学生に向けて学習支援を行います。
不動産業界を選んだきっかけは、ある企業の社長さんの「住まいは一生の買い物だ」という言葉でした。高額な金額が動くこの不動産業界では、一つの決断がその方やご家族の人生に大きく作用します。「一生の買い物」である住まい探しをお手伝いするこの仕事は私の思いと一致すると感じ、この不動産業界で働くことを決断しました。

ViVi不動産株式会社を選んだ理由

就職活動を進めるなかで、ViVi不動産株式会社のHPに出会いました。当社が掲げているカスタマーファーストの精神に惹かれ、社長のブログや丁寧に作り込まれた物件広告や専門用語を解説するページ等を順に読んでいくうちに、お客様に一人一人に向き合うということはどういうことなのかを、この会社で学びたい、この会社で人として成長したいと思いました。

 右も左もわからず理想や信念だけを抱いて飛び込んだ不動産業界。今はまだ勉強ばかりの毎日ですが、一人一人のお客様と向き合い悔いのない仕事をします。そして、お客様が不動産を通して幸せになれるように日々精進していきたいと思います。

Profileプロフィール

【出身】
富山市
【生年月日】
8月10日
【学歴】
【趣味・特技】
家庭菜園、猫と遊ぶこと、歴史的建造物や絵画が好き
【座右の銘】
一人一人と向き合い、悔いのない仕事をする。
【取得資格】
・中学校教諭第一種免許状(社会科)
・高等学校教諭第一種免許状(地理・歴史)